キャンプは旅の宿泊手段!もう一つの旅のカタチ

こんにちはTakibi Design 店主タキビです。


僕は年間100日ほどテントやヴァンで寝るんですが、
キャンプの為のキャンプをした事がありません!

こうゆう事を言うとだいたいの人が
えっ!どーゆーコト?
ってなるんですが、かたくなに「キャンプ目的のキャンプはしない!」
と決めているわけではなく、10年くらいたった頃
「そーいやキャンプ目的のキャンプってしてないなー」
と気づいた訳です。

年間キャンプ場で30泊以上しといてですよ!
自分で驚きました。

といゆわけで「なぜキャンプ目的のキャンプをしないんだ!」
と思われている人に向けての少し変わった旅のお話をお届けします。

始まりは犬と一緒に旅行がしたいから

始まりは「犬と一緒旅行がしたい」って事からでした。
当時からペットokのホテルやおしゃれなペンションはあったのはあったのですが、まだ数は少なく、ましてや目的のカヌー(趣味のリバーカヤック)に便利な場所となると皆無。

となると方法はキャンプか車中泊。
キャンプ場もペットNGの場合も多いので、残る選択肢は車中泊のみ。

ハイエースの後部を2段ベットの様に改造して、
上をベット、下はペットという仕様。
寝ていると下から犬が顔を出して足をなめて目が覚めるという有様。

vanliferの産まれた瞬間です。
当時はvanlifeって言葉は無かったですし、
コンパネでDIY(DIYも無かったな)いや、日曜大工した車は
野宿に毛の生えた程度のモノでした。

もっと長く旅を続けたい!

毛の生えた私たちは
もっと毛が欲しくなり「もっと長い旅に出たい!」
と思う様になりました

長い旅にでるには2つのハードルがありました。
一つはお店をどうするか?(当時は飲食店をやっていました)
もう一つは旅の資金。

なかなか答えは見つからずお店を切り盛りする毎日。

答えは夏にやって来ました!
友人から「お店の宣伝も兼ねて音楽フェスに出店してみないか?」
とのお誘い。
美味しいビールを飲みながら音楽をきくのもいいなーと
軽い感じでOKしました。

外での調理はガスはプロパン。(店ではひねるだけ)
電気は発電機。(店ではスイッチを押すだけ)
寝るのはテント。(家ではベットでエアコンをつくるだけ)
外は大変!!!

大変さを存分に味わったその日の夜、
イベントが終わってビール片手に
瀬戸内海を眺めていたら、
落ちてきたんです。天使の羽が!!!

店ゴト旅ヲスレバ長クツズケルコトガデキル、、、、

これだ、、、

もう一つの旅のカタチ

それから私たちはお店をキッチンカー替え、
店ごと旅をする事を選択しました。
北は北海道、南は九州まで2台の車で。

私たちは旅がすきです。
自由がなによりも好きです。

好きな場所でコーヒーを淹れてくつろぎたいし、
湖畔に車を停めて眠りたい。

それと今流行のおしゃれキャンパーとはほど遠いです。
旅が基準なので、早く移動出来る様に物はあまり持たず、
必要なものはコンパクトで強く、シンプルである事を望みます。

あれこれ持って出かけると便利でいいのですが、
撤収に時間がかかってしまって旅をゆっくり、じっくり楽しむ事が
出来なくなってしまいます。

シンプルライフが旅を楽しむ極意です。

というわけで、
「キャンプ目的でキャンプをした事が無い!」というのは、
決してキャンプ自体に興味が無いのではなく(むしろ大好き)
私たちタキビのもう一つの旅のカタチでした。

最期に


これをきっかけに「色々な生き方があっていいんじゃないか」と強く思う様になり、Takibi Design と店名を替えて人生をオルタナティブデザインしています。

もしよかったら
ご一緒にどうですか?

関連記事