キャンプのお皿は琺瑯食器「FALCON(ファルコン)がおすすめ

こんにちはカレーはやっぱり食べ物、タキビです。

先日、息子が幼稚園で芋掘りをしてきたらしく、冷蔵庫には薩摩芋がいっぱい。
ということで「芋ご飯のキーマカレー」をつくって、愛用のお皿に盛りつけてみました。お芋の甘さとスパイスのきいたキーマはもう最高!


お芋の美味しい季節になってきましたね。
みなさんもキャンプやお家で秋の味覚を使った料理を考えているんじゃないでしょうか?

ところで皆さん、旅やキャンプではどんなお皿を使っていますか?
我が家ではキャンプでもお家でも琺瑯食器「ファルコン」をよく愛用しています。

イギリス生まれの琺瑯ウェア「FALCON]

ロゴも秀逸ですね!

FALCON(ファルコン)は、95年の歴史を持つ
イギリスを代表するホーローウェア専門ブランド。
イギリスの伝統的な家庭料理であるパイ料理を
つくるための食器として長きに渡り広く愛され続けています。

FALCON公式

我が家で愛用している理由としては殺菌が繁殖しづらいこと、臭いが移りづらいことなど色々とはるのですが、一番の理由としては汚れが落ちやすい事です!

食洗機やお湯のでる家の台所ではまだしも、キャンプ場の炊事場で油汚れを落とすのは大変。(炊事場も汚れてしまいますしね)洗剤をガンガン使っての洗い物は環境にもお財布にも負担がかかってしまいます。

そのてん琺瑯食器は秀逸です。少しの洗剤でピカピカ。
殺菌が繁殖しづらいこと、臭いが移りづらいこもあり収納する時も安心ですね。あのツタンカーメンの黄金のマスクの表面にも琺瑯が施されていたこと言う事です。マスクもピカピカ。

少し使いづらいなーと思う所は熱の伝導がいいのでお皿が熱くなってしまう所。テーブルに置いて食べるには何も問題ないのですが、外での熱々スープはちょっとって感じです。とっての付いたカップもあるので、そちらをおすすめします。

シンプルであること

旅のミニマリストとしてはシンプルである事はとても大切です。
白を基調としたシンプルなデザインは料理をよりいっそう美味しく映しだし、周りのラインは色合いの少ない料理も引き締めてくれます。定番のホワイト、鮮やかなレッド、ベーシックなグレー、シックなブラックの4色。

旅するように暮らす

「旅するように暮らす」このブログのテーマ。
旅と暮らしをシームレスにする為には道具選びは重要です。


旅やキャンプの為だけの食器を揃えるのは大変ですよね。
日常では使わないのに場所はとるし、コストもかかってしまいます。
我が家で物を買う判断の一つに「旅と日常を兼ねているか?」という基準があります。

これはとても大事で、少し値段は張っても長く愛用できるタフで,シンプルな構造の物を選んでいます。壊れにくく、シンプルなデザインは長く使える事で結果、節約にも繋がると思います。

併用出来る食器があると旅やキャンプに出かけようと思ったら、台所ですぐに荷造り出来るし、帰ったら食器棚に戻すだけ。旅の荷造りって大変ですが、これなら簡単ですね。あと、スパイスとかも一緒に積み込めますし。

ファルコンはタフで割れに強いですがが、欠けに弱いところがあります。
長年愛用していると欠ける事もしばしば。
しかし、それが思い出となり、味わいとなって私達の旅や日常をより豊にしてくれます。

タフな食器ファルコン。
旅にぴったりの相棒です。


関連記事